探偵を雇って犯罪行為を防ぐ~HelpCallは速やかに~

サラリーマン

取り扱う仕事

仕事を依頼する時に気をつけたい事

男性

テレビドラマや小説に出てくる探偵はある種のデフォルメをされた形で描かれることが多く、現実の仕事内容とは相違がある点もあります。そのため実際に仕事を依頼するにあたっては、依頼者のイメージと現実との乖離が問題になることもあるため、注意が必要です。 例えば仕事の内容は探偵業法に基づいた適法であることが条件となります。違法な仕事を依頼する事は、依頼者にとっても不利益が生じる可能性があるため気をつける必要があります。 また探偵の業務として多い仕事には不倫や浮気の調査があり、業者によって依頼の6割から7割以上を占めます。これら不倫や浮気調査では継続的に調査を行う必要があり、結果がすぐに分からないことも多いため気長に待つことも重要です。

様々な依頼事を探偵に頼める

職業柄、探偵は非常に幅広い仕事を請け負っているのが特徴です。前述のように浮気や不倫調査は非常に依頼の多い仕事の1つですが、それ以外にも企業の内偵調査や社員の素行・身元調査など法人の仕事依頼も多くこなす探偵も居ます。 また刑事事件として扱えない事件を調査してもらうために、個人が探偵を雇って民事の証拠収集を行うケースもあります。場合によっては身辺警護や債務債権関係のアドバイスを行う探偵もあり、弁護士のように調停の仕事を請け負っているところもあります。失踪者の調査はもちろん、居なくなったペットの調査を行う探偵も近年はよく見られるようになっています。 探偵はこのように様々な仕事を請け負っているため、他人や警察に頼れない問題に関しても心強い味方となってくれる事があります。